classicviolin’s diary

バイオリンを教えています

プログラムノートより

f:id:classicviolin:20220802154907j:image

今月末に予定している演奏会のプログラムに

アストル・ピアソラが作曲した「ブエノスアイレスの四季」があります。

当日お客さんへ配られるプログラムノートを書いてみました。

 

Astor Piazzolla (アストル・ピアソラ):ブエノスアイレスの四季

 

アルゼンチン生まれ、アメリカ育ちの作曲家兼バンドネオン奏者であるアストル・ピアソラ(1921-1992)は、限られた地域でのみ演奏されていたアルゼンチンタンゴを独自の目線で世界へ広めた。

当時世界大戦に加わっていなかったアルゼンチンは好景気に沸き、世界中から労働者が流入する玄関口としての役割を担っていた。首都ブエノスアイレスのなかでも港町として栄えたボカ地区はタンゴの街として有名である。

ピアソラの作品の多くに自身のクラシック音楽への憧憬とジャズ要素の融合が見られ、彼の手によってアルゼンチンタンゴは踊るためのタンゴから聴くためのタンゴへ昇華されたと言える。

今回弦楽四重奏の編成で演奏される「ブエノスアイレスの四季」は、通常バンドネオンで奏されるメロディ部分を弦楽器が担うが

それによってイメージを損なうことなくタンゴ特有の四拍子リズムが保たれつつ、速度を変化させながら展開される。

 


「春」10月になるとハラカンダの花で満たされるブエノスアイレスの春

街中が薄紫色に染まり希望に溢れるさまを打楽器的奏法で表現している。


「夏」12月頃ブエノスアイレスは本格的な夏を迎える

夏の気だるい季節を陽炎の揺らぎを思わせる旋律とグリッサンドで表現している。ピアソラによる四季の構想は、この「夏」が始まりだと言われている。


「秋」3月から5月にかけて、日照時間が急激に短くなるブエノスアイレス

タンゴのアクセントが次第に重みを増しつつ、バイオリンの奏でるハーモニクスが冷たい冬を予感させる。

 

「冬」ブエノスアイレスの冬期間としては6月から9月頃がそれにあたる。冒頭に流れる荒涼とした旋律をヴァイオリンが奏で、それに呼応するようにチェロ、ヴィオラが折り重なるように展開する。

 

音楽に囲まれた静かな町の「田園ホール エローラ」そばでヴァイオリンを教えています 埼玉県 北葛飾郡 松伏町 ヴァイオリン 教室 バイオリン レッスン

 

りょこ先生のバイオリン教室

 

埼玉まつぶしヴァイオリン教室

 

夏場の練習環境について

またまた暑さがぶり返してきましたね。

バイオリンの練習にも影響が出そうな気温

何とか過ごしやすく整えたいものです。

 

夏場のお部屋に必須のエアコン、メーカーごとに冷え方の特徴がある事を知っていますか?

 

りょこ先生のレッスン室はダイキンですが

メーカーによって空気制御の考え方が違うため、どんなエアコンを使うかでお部屋の環境が変化するんですよ。

 

例えば「HITACHI」強烈なパワーでもって全力で設定温度へ持っていくさまは、圧倒的な音の厚みが迫ってくるブラームスのようです。

TOSHIBA」一気に急激に設定した温度湿度へもっていく、この様子はあたかも一瞬で表情を変え、一気呵成にフレーズの山へ向かうベートーヴェンの楽譜を思わせます。

富士通」とにかく巨大な風量と撹拌能力を得意とし、大きな空間も難なく空調できるスケールの大きなスペクタクルを思わせるマーラーのようです。

ダイキン」意外ときっちりしつつも流れるような風で空間を調整するさまは、メロディが美しくもチャーミングそして時にはロマンティック過ぎるのでは?と感じられるチャイコフスキーな印象。

Panasonic」風量としては中庸でも設定温度に向かって明快に運転し続ける大衆に親しまれた喜歌劇のオッフェンバック

「三菱」常に安定した連続運転でも力まず穏やかに空間を冷やす。シューベルトの歌曲のようにひたすら美しく、穏やかです。

三菱重工」エアコンの性能は室外機にあり!と言わんばかりの作りのしっかりとした室外機を擁し、その割に繊細な作りの室内機は重厚な和音に繊細なメロディをつけたシューマンに似ています。

SHARP」そこまで力強さはないものの、流れるような旋律と爽快な推進力を合わせ持つメンデルスゾーンを思わせる気流

 

どうでしょうか、これはあくまでりょこ先生の主観なため

人によってはまた印象が違うかもしれませんが、参考になる点があれば幸いです😄

 

 

りょこ先生のバイオリン教室

音楽に囲まれた静かな町の「田園ホール エローラ」そばでヴァイオリンを教えています 埼玉県 北葛飾郡 松伏町 ヴァイオリン 教室 バイオリン レッスン

埼玉まつぶしヴァイオリン教室


 

 

メンデルスゾーン ヴァイオリンコンチェルト

メンコンは好きですか?

このコンチェルトには、1楽章のカデンツァ後半に軽やかなアルペジオがあります。

メンコンのアルペジオは弓を素早く移弦させながら反発を利用して弾くので

上手に弾くには弓を軽く持ち、腕〜手首〜指先に至る関節を脱力した状態で膝を上下させるのがセオリーですが

最も大切な要素としては、良い弓を使って演奏する事に尽きます。

弓の良し悪しでメンコンのアルペジオに代表されるような弓の反発を利用して奏でる時の弾きやすさに格段の違いが出るんですよ。😆

弓は馬の毛を介して弦を振動させ、それを楽器に伝える役割がある事を考えると、弓本体の材料であるペルナンブコ材の繊維の緻密さやしなやかさによって音が違ってくるであろう事は容易に想像できます。

弓の振動が微細であればある程、ヴァイオリンの音色が多彩なものになり

そのような弓で演奏することで表現したい音楽が自在に引き出せるため、大変弾きやすくもあります。

良い弓のもうひとつの条件として、材料の品質だけではなく、作りが良い=製作者の腕が良いことも挙げられます。

これは主に演奏する人の扱い易さに影響するため、上手に作られた弓で弾くメンコンのカデンツァは最高の気分です!

 

りょこ先生のヴァイオリン教室でメンコン、やってみませんかー🎻

 

りょこ先生のバイオリン教室

 

音楽に囲まれた静かな町の「田園ホール エローラ」そばでヴァイオリンを教えています 埼玉県 北葛飾郡 松伏町 ヴァイオリン 教室 バイオリン レッスン

 

埼玉まつぶしヴァイオリン教室

 

 

 

旋律を音楽として表現するには

 

ヴァイオリンを演奏する際には大抵楽譜があります。

アドリブ部分のセッションなどは別にしてJAZZにも楽譜がありますし

演奏者は楽譜を見て曲のイメージを掴み演奏するわけです。

初心者の段階では楽譜に書かれた音の羅列を追うのに精一杯かもしれないけれど

慣れてくると行間を読めるようになってくるので、書かれている音やリズムのみならず背後に隠れた作曲者の意図まで感じられるようになります。

 

言うまでもなく旋律は異なる音の連続ですから

前の音からのつながりがとっても大切

音は発音の前段階から動きがあり、呼吸と共に発せられると流れが生まれ音楽が生き生きと輝きます。

呼吸を意識すると、旋律の段落、まとまりが見えてきてダイナミックな演奏になることでしょう。

 

譜面をあたかも文章を読むように辿ると物語が見えてくるんですね。

是非心がけてみてください!

f:id:classicviolin:20220721081315j:image

 

音楽に囲まれた静かな町の「田園ホール エローラ」そばでヴァイオリンを教えています 埼玉県 北葛飾郡 松伏町 ヴァイオリン 教室 バイオリン レッスン

 

埼玉まつぶしヴァイオリン教室

 

りょこ先生のバイオリン教室

 

 

ウソのようなホントのはなし

先日レッスンに来た生徒さん

今週の練習は重音の課題だったこともあり音程迷子になってしまったとのことです。

話を聞いてみると「ラ」の音を442Hzに合わせて調弦していたため

響きが解りにくかったのだと判明しました。

本人曰く「なんだかぶら下がってるような感じがして気持ち悪かったんです」

それにはちゃんとした理由があって、ヴァイオリンを演奏する際

A音が440Hz〜445.5Hz※の平均値、442.75Hzでチューニングされていると、響きの微調整が効いて音程がとりやすいんです。

(※A音を440Hzとして各音の音程を簡単な整数比に保った濁りのない音程でとってゆくと導かれるA音は445.5Hzということになるためです。)

実際、恩師、鷲見四郎先生はレッスンで常にこの442.75HzのAを用いていました。

四郎先生のお弟子さん達は総じて音程に対する意識、正確さは突出しており

手前味噌ながら自分も大学の定期試験で演奏後に、とある教授から声をかけられ「四郎先生の音程」を褒められた経験があります。自分の演奏そのものは?w

 

皆さんは「色の三原色」を知っていると思います。三原色であらゆる色が表現できるのと同じく

音程にも「3要素」というものがあって

・完全8度/オクターヴ

 両者の音程の比率は1:2(2倍)の振動数比率

・完全5度

 両者の音程の比率は2:3(1.5倍)の振動数比率

・長3度

 両者の音程の比率は4:5(1.25倍)の振動数比率

この3種類の振動数比率を発見したのは「ピタゴラスの定理」で有名なピタゴラスです。

 

この「音の三要素」に音階を当てはめると、全ての音階の音程が導かれます。

 

ヴァイオリンは正しい音程で弾かれた時にだけ美しく響きます。

メリーさんの羊からパガニーニ奇想曲まで美しい調べを奏でてみませんか?

 

音楽に囲まれた静かな町の「田園ホール エローラ」そばでヴァイオリンを教えています 埼玉県 北葛飾郡 松伏町 ヴァイオリン 教室 バイオリン レッスン

 

埼玉まつぶしヴァイオリン教室

 

りょこ先生のバイオリン教室

 

 

 

速いパッセージで音がモゴモゴする問題

左指が速く動かないというお悩み?というか困りごとを抱える中学生のEちゃん

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲第一楽章で克服を目指しています。

彼女には1週間の練習スケジュールとして明日明後日では速度を極端に落としてさらい、三日目くらいからは徐々に速度を速くしていくように指示しました。

 

音を取る左指は常に指板上に待機、押さえる時も漫然と置くのではなく

指を置くべきポイントより上空1センチくらいから弾力を持って落とすように。

ポジション移動の際は次にくる指幅に開きながら移動する、という動きをいま一度見直して練習してね、

と言って帰しました。

 

これは何も特別なことではなくて、お稽古の初期から皆さんに言うことではあるのですが

私の恩師、鷲見四郎先生は「当たり前のことでも言い続ける、10年は言う」との言葉を残しています。

先生はこうもおっしゃっていました「10年言って直らなかったら諦めるw」なるほど…参考にさせていただきます。

 

 

音楽に囲まれた静かな町の「田園ホール エローラ」そばでヴァイオリンを教えています 埼玉県 北葛飾郡 松伏町 ヴァイオリン 教室 バイオリン レッスン

 

埼玉まつぶしヴァイオリン教室

 

りょこ先生のバイオリン教室

 

 

String Quartet & Quintet CONCERT

f:id:classicviolin:20220625212648j:image

こちらは我らがプロデューサー松山氏が作成した演奏会のフライヤーです。

先日紹介したものと同じ公演ですが、印象が全く違いますね。

クラシック関係者とジャズ関係者とでは感性が違うので

それぞれに寄ったデザインを、との考えによるものです。

演奏プログラムにもある故 Neil Stalnaker が生前描いた絵画を背景に用いています。

 

 

音楽に囲まれた静かな町の「田園ホール エローラ」そばでヴァイオリンを教えています 埼玉県 北葛飾郡 松伏町 ヴァイオリン 教室 バイオリン レッスン

 

埼玉まつぶしヴァイオリン教室

 

りょこ先生のバイオリン教室